何かと話題のnlpとは|コミュニケーションが苦手な方へ

パティシエへの近道

パティシエ

カリキュラム内容とは

高校の中には、製菓科や製菓コースがある高校も存在します。高校で製菓の知識や技術を学ぶのはパティシエになるための早道といえます。多くのパティシエが高校卒業後から専門学校に通ったり弟子入りしたりして修行を始めます。高校から製菓の知識と技術を学ぶ場合は、三年間早く現場に出られるため、一人前になるのがより早くなります。製菓コースのカリキュラムは、学校により変わります。ですが、多くの学校に共通するのは食品衛生学、保険学、製菓理論、実習です。単にお菓子作りに関する技術や知識を学ぶだけでなく、食品衛生に関する学問から幅広く学ぶことが多いのが特徴です。また、専門学校や短大と違い、高校の場合は進学に備えて国語、社会、数学、体育などの一般教養も学ぶことが多くなっています。実際、製菓コースのある高校の卒業生は、大半が進学しています。大半は食品や製菓関係の専門学校、短大ですが、中には関係ない分野に進学する生徒もいます。高校生の段階では、まだやりたいことがしっかり定まりきっていない生徒も多いため、幅広く対応できるようにしている学校が多いのです。また、製パン技術や、粉もの関係の授業があることも多いです。パンとお菓子は作り方や材料の点で非常に近いものがあるため、同時に学ぶ人が多いのです。就職の際も、いくつかの技術がある方が有利になります。実習が多いのも大きな特徴といえます。なかにはインターンシップなどで現場にでる学校もあり、より実践的な授業を取り入れる学校もあります。