何かと話題のnlpとは|コミュニケーションが苦手な方へ

国家資格でステータス上昇

勉強

1999年に国家資格認定

言語聴覚士の学校に注目が集まっています。言語聴覚士は登場依頼社会のニーズがグングン上昇している人気資格でしたが、1999年に国家資格に認定されて依頼、ステータスが一気に上がりました。言語聴覚士の学校に入学したい、と希望する学生も増え、社会的に信頼される職業として評価されています。既に欧米では外科医師や内科医師と同じぐらいの高収入を得て、社会的なステータスが非常に高い専門職として認識されています。日本ではまだ海外ほど高待遇されていませんが、年2回のボーナスや退職金制度の適用など、雇用条件はどんどん良くなっています。現在求人は都心に集中していますが、今後地方でも求められる職業になることは間違いありません。高齢化社会の日本ではリハビリ施設も多く、言語聴覚士が活躍できる職場は無数にあります。言語聴覚士になるためには、専門学校で学び国家資格を取得しなければなりません。条件によっては1年間、指定校で受験資格を貰えることもありますが、一般的には都道府県知事に指定された言語聴覚士の専門学校を卒業することになります。最終学歴に応じた資格取得ルート文部科学大臣指定の短大や大学でも受験資格を得ることができます。専門学校では試験に合格するための知識をしっかり教え込まれるので、卒業生の合格率は8割以上を記録しています。将来開業することもできる資格なので、いずれ独立したいと考えている方にもぴったりの資格です。