何かと話題のnlpとは|コミュニケーションが苦手な方へ

パティシエへの近道

製菓コースのある高校では、製菓理論、食品衛生学、保険学、実習などがあることが多いです。製パン技術や粉もの関係の授業があることも多いです。進学する生徒も多いため一般教養もカリキュラムに入っているのが一般的です。

合格率の高い養成校を選ぶ

カウンセリング

言語聴覚士になるには、3年制か4年制の短大、大学、養成学校を卒業して、国家試験に合格する必要があります。養成学校を選ぶにはまず3年制か4年制かを決めます。早く就職したければ3年制がおすすめです。また、国家試験の合格率は50〜60%程度なので、合格率の高い、実績のある養成校の方がいいでしょう。

国家資格でステータス上昇

勉強

国家資格に認定された言語聴覚士は、多くの人に人気の職業とされています。言語聴覚士を目指すのであれば、国家資格の取得が必要となるため、専門学校で勉強をして卒業しなければなりません。また、専門学校以外にも、指定の短大や大学でも勉強をして受験することが可能です。

nlpがつくるプログラム

婦人

なりたい自分になる

nlpとは人の心を開放して人間関係をより楽にして生きるための、言語学と心理学を基にした実践的コミュニケーションのことです。日本語では神経言語プログラミングと言われています。例えばパソコンを起動するにはプログラムを立ち上げないといけません。一般的に人は視覚や味覚、嗅覚、聴覚などの五感を感じてその情報を脳へと伝え記憶として蓄積します。そして言葉を通じて人とのコミュニケーションを図ります。これが人のプログラミングの流れです。脳は五感を通じ、物事を理解するといわれています。五感を通じ伝わった情報は、その人の記憶や体験として幼少期からプログラムを作っていき必要に応じて起動させます。つまりnlpとは五感と言葉を使って感情と行動、思考の3つのプログラムを作る方法なのです。このようにnlpとは自分にとって望ましい行動や心理を手に入れる方法です。今やnlpは教育現場やビジネス研修などで、心理学の専門的なものとして自己啓発やスキルアップとして、その高い効果が教育やスポーツなどの分野で世界中に広まっています。nlpでは様々なスキルを習得することが出来ます。私たちが生きていくうえで最も多い悩みは人間関係ですが、nlpは不安や葛藤、心配事や苦手な人などに対し、自分の行動を望ましいものに変化させ、色々なシーンで応用することが可能です。つまりnlpとは自分の脳をコントロールして成功哲学やマネジメントなど人生を楽しくする究極のコミュニケーションツールです。nlpにはたくさんの考え方やスキルがありますが基本にあるのは、その人が抱える問題を解決して、より望ましく変化させることを可能にするためのステップなのです。